理想の家づくりを叶えたいなら知っておくべき!注文住宅の建築に関するよくある疑問を解説

このサイトでは理想的な家づくりをしたいときに役立つ情報を紹介しているので、注文住宅の建築に関するよくある疑問などを知りたいときにチェックする価値がある筈です。
実際に建物を建てるには土地が必要となりますが、どのような土地を選ぶといいのかについても解説をしていきます。
ユニークな変形地を所有している人も存在すると考えられますが、そのような土地に住宅を建てるときに知っておくと役立つ知識も紹介していきます。

理想の家づくりを叶えたいなら知っておくべき!注文住宅の建築に関するよくある疑問を解説

注文住宅を建てるときに多くの疑問があると考えられますが、注文住宅は各自の希望を会社側に伝えることができるので、建売住宅と違い自由度の高い建物を手に入れることができます。
注文住宅の疑問としては自由度の高さになるかもしれませんが、余りにも複雑な構造の建物になると法律面でクリアできない可能性があるので、建てることができないかもしれないです。
注文住宅は建売住宅よりも値段が高くなりやすい特徴もありますが、使用する材質などを工夫するとコストを減らすこともできます。

そもそも注文住宅とは?建売住宅との違い

建売住宅は土地とセットになっている新築分譲住宅のことで、完成後の住宅が販売されているため購入後スムーズに引っ越すことができます。
同じ仕様の住宅を建てることが多いため、資材をまとめ買いしていたり工事を効率的に進めることで注文住宅よりも割安で購入することが可能です。
対して注文住宅とは、一から作るオーダーメイドの住宅になります。
注文住宅とは、自分の希望に合わせて間取りや設備、内装・外装など建築基準法内であれば自由に決めることができます。
自分や家族の希望を反映させることができるだけではなく、動線などを考えて設計することができるようになっていて、コストを抑えたりグレードを高めたりも自由に行えるのが特徴です。
ただし、注文住宅は一から家を作る必要があるため土地探しから、家をどのようにするかなどプランを決定するために打ち合わせをしたり、こだわりすぎると予算オーバーになってしまうなどのデメリットもあるため、デメリットを考慮した上で家づくりをすることが大切です。

オーダーメイドの注文住宅を選ぶメリットとは

予算に応じたオーダーメイドの新築一戸建てを実現できるのが、注文住宅の最大のメリットです。
普通は、店舗側から提案されるモデルハウスを参考に住宅を選択します。
確かに、簡易的に内装に変化を加えることはできます。
しかし、根本からそれに変更を加えることができるわけではありません。
注文住宅の場合は、1からそのクライアントだけが求めている物件を実現できる点で他のサービスとは一線を画しています。
文字通り、設計はもちろんそこで利用される素材や土地、そして外観や内装のデザインまで細かく決められるメリットが存在します。
また、注文住宅の方向性で迷ったときにはあらかじめ業者に対して予算を伝えておくことで、その範囲内で現実的なデザイン性の高い注文住宅の提案をしてもらうことも可能です。
業者と協力をしながら、要望を聞き入れてもらって柔軟な対応をしてもらえます。
そのため、頭の中で理想としているイメージを実現できる魅力があります。

注文住宅の建築にはデメリットもある?

注文住宅はメリットばかりが注目されますが、実際に後悔する部分も多いです。
注文住宅のデメリットは自由度が高いと思って計画をし、実際に建ててみたが使い勝手が悪かった、家を見て購入するわけではないのでイメージがつきにくく、自分の思い描く家にならなかった、などのことがあげられます。
費用面では予算オーバーになることが多いことがあげられ、予算通りにいくことはまずありません。
自分の要望をすべてかなえようとすると予算はオーバーになることが多く、どこかで妥協をし、折り合いをつける必要があります。
そのため注文住宅を建築する場合はあらかじめ予算をしっかりと立て、毎月の住宅ローンの支払いはどの程度にするかを考えることが大切です。
このほかのデメリットには、入居までに時間がかかることがあげられます。
建売住宅はすぐに入居することができるのですが、土地選びから始めてしまうと1年以上はかかってしまいます。
子供の成長に合わせて建築することを考えている場合は、予定よりも若干早めに行動するようにします。

注文住宅の予算はどのくらい必要?

注文住宅は自由度が高く、好きに間取りを決めることができます。
内装はもちろんのこと外壁も自分で選ぶことができるので、自分の理想に合ったものを建てることが可能なのですが、その分あらかじめ資金についてしっかりと考えておかないと、どんどん費用がかさんでしまいます。
全国平均で見た場合、2019年の調査において注文住宅の予算は土地の購入資金を除いて約3200万円でした。
土地の購入資金も含めると全国平均が4600万円であり、東京や大阪、名古屋といった地域では5000万円を超えています。
年々上昇傾向がありますが、これは豪華な家が多くなった、というわけではなく、地価が上昇していること、建築費や人件費が高騰していることが関係しています。
自分の収入にもよりますが、ある程度の資金は必要であり、すべてをローンで賄えるとは限らないので計画を立てなくてはなりません。
どの設備が必要で、削減できるところはどこなのか、ということをしっかりと考えることが大切です。

安い価格で注文住宅を建てるには?

安いコストで注文住宅を建設してもらいたいと考えてる時には、簡単な方法が一つあります。
それは、あらかじめ予算を決めてそれを業者に対して伝えておくというものです。
注文住宅が通常の新築一戸建てと大きく異なるのは、一律のモデルハウスが存在しないという点です。
理想のマイホームをどういった形で作っていくのかということを、顧客が決めることができます。
そのため、あらかじめ予算を伝えておけばその範囲内で住宅を建設していけます。
もちろん、注文住宅であっても予算が安い場合には色々な部分で妥協をしなくてはいけません。
しかし、妥協をしたとしても十分に家族が暮らせるだけの空間を実現してもらうことはできます。
2000万円なら2000万円、3000万円なら3000万円と予算を業者に伝えておくことによって、その範囲内で理想的なマイオームを実現することが可能です。
なるべく安くしたい場合には、その旨も伝えておく事でそれを実現することができるのか注文住宅のは大きなメリットです。

平屋の注文住宅を成功させるポイント

人生100年時代と言われている昨今、注文住宅で平屋を求める方は増えています。
高齢の方だけではなく、若い世代でも将来のライフスタイルを踏まえて一階建てをお考えの方が増えています。
平屋のメリットは、上下の移動が少なくバリアフリーになるだけではないのです。
二階建て以上のお宅では各階にトイレを設置するケースが多いのですが、一階建てだとトイレは一か所で済むし、階段スペースも必要ないので、注文住宅で建てる時に費用とスペースの削減になります。
地震の際も揺れが少なく、避難経路も短くなって安全です。
複数階の家に比べ、広い土地が必要になるので予めゆったりとした広めの土地を確保することが成功のポイントとなるのです。
リビングと各部屋を直接つなぐ窓工夫をすることで廊下部分のスペースを不要とすることができます。
平面的な空間になりがちなので、天井の高さにメリハリをつけるなどの工夫で変化に富んだ空間にすることができます。
一階は日当たりが悪くなるケースが多いので、建築位置に留意することで明るく温かい住宅にできるのです。

伝統的な和風の注文住宅に向く住宅メーカーとは

伝統的な和風の注文住宅に向いている住宅メーカーは建物の構造体となっている木材にこだわりがあるメーカーが多く、構造材のプレカットや集成材加工と言った製材などを自社で実施していると謳っています。
メーカーによっては森の管理運用から構造材の伐採も実施しています。
注文住宅として殊更に木の家を建設していることを宣伝していることも特徴です。
メーカーのホームページを見ても「木」を強調している点も目立ちます。
カタログの表紙に純和風の画像を採用しているメーカーを探すのも手です。
木造建築の中でも工法は木軸組工法が在来工法として知られているので、木造軸組工法が得意な住宅メーカーを選ぶべきです。
ツーバイフォー工法、ツーバイシックス工法は北米で主流の工法なのでこれらの工法を前面に打ち出している住宅メーカーは避けます。
これらの住宅メーカーの多くは和風と言いながら伝統的和風建築ではなく、和モダンという和洋折衷の住宅を提供しているのです。

快適に生活できる注文住宅の窓の選び方

関東から西日本のエリアの住宅では、窓ガラスは1枚で作られていることが多い傾向にありますが、注文住宅を建てる方は快適生活を送ることができるように窓選びは忘れずにこだわりを持つことは重要です。
通常の1枚ガラスでは断熱性が低いことだけではなく、屋外からの騒音も家の中に入ってしまいます。
寒冷地で採用されている窓ガラスは複層ガラスでサッシを1つにしていることが現在の基本とされているように、寒冷地ではない地域でも複層ガラスを採用すると断熱効果と防音効果を同時に成功させられます。
既存の1枚窓に対して屋内側から内窓を設置する方法もありますが、この方法はリフォームで行うべきものなので、注文住宅の場合は最初から複層ガラスを採用することに快適性を感じられます。
2重窓と間違えられることがありますが、複層ガラス、若しくはペアガラスと呼ばれている窓はガラスを2枚使っており内側に空気層を設けているタイプが該当するので、2重窓のようにサッシが2列になる仕様とは異なります。
このタイプの場合は窓を開閉する際に1枚ガラスと同じように使えるので、余分な手間が掛からないことも選ぶにはメリットがあります。

注文住宅に関する情報サイト
はじめての注文住宅

このサイトでは理想的な家づくりをしたいときに役立つ情報を紹介しているので、注文住宅の建築に関するよくある疑問などを知りたいときにチェックする価値がある筈です。実際に建物を建てるには土地が必要となりますが、どのような土地を選ぶといいのかについても解説をしていきます。ユニークな変形地を所有している人も存在すると考えられますが、そのような土地に住宅を建てるときに知っておくと役立つ知識も紹介していきます。

Search